時間を生むブログ

より効率的によりシンプルに

宿敵はホームズ!『憂国のモリアーティ』


スポンサーリンク

f:id:mudamaketime:20180709221440j:image

 

憂国のモリアーティ/原案 コナン・ドイル    構成 竹内良輔    漫画 三好輝

 

憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)

 

 


タイトルにあるモリアーティとは

コナン・ドイル原作のシリーズ小説である「シャーロック・ホームズ」に出でくるモリアーティ教授のことです。

 


この漫画ではモリアーティ教授が主役であり、幼少期から物語が始まります。

モリアーティが主役なのでおのずと宿敵はあのシャーロック・ホームズです。

 


モリアーティ教授の生い立ちや仲間との関係性、ホームズを追いつめるための企だてなど、

原作では味わえないエピソードが満載です。

 

 

 

 

モリアーティ教授の信念

 


話の舞台でもある19世紀末の大英帝国は階級制度が絶対的なものです。

 


自らも貧しい階級で生まれ育ったモリアーティは国に根付く階級制度を撲滅させることを誓います。

そしてそのための手段としたのが犯罪。

ロンドンを犯罪都市とするべくあらゆる策略を仕掛け、犯罪コンサルタントとしてホームズを追いつめていきます。

 

 

 

 


キャラクター

 

モリアーティ教授はスマートなイケメンに、

ホームズ冷静沈着な原作のイメージとはちょっと違ってワイルド要素があったり、

漫画ならではの個性加わっています。

 

また、原作ではあまり触れられてこなかったホームズの兄、マイクロフト・ホームズが主要な人物として登場してきます。

原作でおなじみの登場人物もそうでない人物も出てきて、原作のイメージとはちょっと違った一面を見せて楽しませてくれます。

 

 

憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)

 
憂国のモリアーティ 2 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 2 (ジャンプコミックス)

 
憂国のモリアーティ 3 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 3 (ジャンプコミックス)

 
憂国のモリアーティ 4 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 4 (ジャンプコミックス)

 
憂国のモリアーティ 5 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 5 (ジャンプコミックス)

 
憂国のモリアーティ 6 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 6 (ジャンプコミックス)

 

 

時は19世紀末、大英帝国最盛期のロンドン──。
この国に根付く階級制度に辟易するモリアーティ伯爵家家長子・アルバート。孤児院から引き取ったある兄弟との出会いによって、世界を浄化するための壮大な計画が動き出す。名探偵シャーロック・ホームズの宿敵、モリアーティ教授の語られざる物語の幕が開く──!!